2014年12月27日

LES LESTONのシャツオーダー会

今日行われたレスレストン(LES LESTON)のシャツのオーダー会。

事前にアポイントを入れていたお客さまや

たまたまご来店して、せっかくなのでとオーダーして帰られるお客さま。
(初めてのオーダー体験)

LES LESTON























スーツオーダー会と同じで、生地を選びます。

「きれいな形のシャツと、着やすいシャツは反比例するんですよ。
きれいな形って言うと、今だとタイトだけど、そうすると、突っ張って着にくい。
生地を多くとり作れば、着やすいけど不格好に。
それをちょうどよい、ここぞってところで仕上げるのが職人の腕のみせどろこ。」

「シャツはジャケットと違い、着たら洗濯するので
丈夫さも求められるし、着た時の柔らかさも求められる。
難しいものなんだよね、でもそこがおもしろくもあるのだけれど」



オーダーシャツ


































次にジャケットオーダー会でも、身体を測ったように、測ります。

シャツオーダー会の方が、測る箇所が多いです。
(10箇所以上測ります)

それが終わると
襟の大きさや高さ、形、袖の形状、芯のボリューム、全体のタイトさなど決めます。

決めるポイントは、自分の身体の特徴とイメージ。

僕の場合、首が長いようです。
(小さい身体にしては)

それだと、襟の高さが低いと不格好になるから
少し高めにした方がいいね。と。

襟は小さめ、レギュラーで、ノータイでカジュアルに洗いざらしで着る。
硬いというよりは、柔らかい感じで。

僕はオックスフォードの、白シャツをオーダーしました。
(小さいサイズで、かっこいいシャツはなかなか既製で売っていないのです)




今日のコーリングバックラッシュ




(森)

この記事へのトラックバックURL