2014年12月09日

ジャケット

ジャケットと一口に言っても、スーツ屋さんの作るジャケットと

デザイナーズブランドが作るジャケットは、やっぱり違うものです。

まず、生地が違います。
デザイナーズブランドだと、デッドストックの生地や
ごく少量生産で珍しく、上質な生地を使うことが多いです。

形も違います。
デザイナーズは、そのデザイナーの考える思想が
形に表現されています。
バランスをあえて崩して、唯一無二のバランスを作る。

どちらがよいとかわるいとかではなく、
ジャケットだけど、別のもの。

30才を超えたら、まずよいジャケットが1枚あると便利です。

フランクリーダー




































今日のコーリングバックラッシュ




(森)

この記事へのトラックバックURL