2012年08月07日

着心地のよいもの

着心地のよい服。

着心地のよさは素材が上質なものであればよくなりますが、
何といっても着てらくなものが(ストレスを感じない)
着心地のよい服だと思います。

ストレスを感じないというのは、
どこかに無理がかからず、自分のサイズに合い、
特徴(猫背など)もわかった上で、出来るもの。

自分だけのためだけに作られた服であれば
今まで味わったことのない、着心地を味わうことが出来ます。

セミオーダー














夏に開催したスーツオーダー会で書き込んだ
あるお客さまの仕様書です。

セミオーダー














元になるジャケットのパターンから
オーダーする人の体型に合わせて
修正していきます。
例えば着丈、袖丈のみを調整するのではなく、
着丈、袖丈を調整するのであれば、
ポケット位置やアームの角度などもそれに応じて
変えていきます。

そうすることで、自分の体型に合い
ストレスを感じることなく着れる
自分サイズの服が出来ます。

セミオーダー














ジャケットならポケットの形はどうしようか?などなど
ジャケットについて何も知らなくても、
その場で知りながら、決めていくことが出来ます。

既成品にはない、自分だけの1着が出来る楽しみ。

前回スーツを作られたお客さまにスーツどうですか?と聞いてみました。

「らくですね。」


着心地のよいスーツオーダー会(ジャケット、パンツ単品も可)
次回開催日決まりました。
9月8日(土)
9月9日(日)

予約制です。
1日4人まで。
1時間半程度のお時間をいただきます。
オーダーをご希望のお客さまは
お電話、メール、またはご来店の際にご予約下さいませ。
06-6281-8756
phtp@xf7.so-net.ne.jp



この記事へのトラックバックURL