2011年06月09日

ring jacket スーツ

どれだけスーツは自分には関係ないと思っていても
人生には冠婚葬祭も含めてスーツを着なければいけないシーンがあります。

必要なのでスーツを「ただ単に着る」のと
場所、シーンに合わせて「スーツを着る」のとは
同じ着るでも、素材感、コーディネートはことなります。

普段スーツを着ていなければ、
すべて同じスーツに見えると思います。
しかし目が慣れてくると、2着いくらのスーツと
ちょっといいスーツでは違って見えてきます。

素材感と言えば安価なスーツは薄っぺらく見えます。
生産の過程で接着剤を使うので、
空気が入らず立体感がないからだと思います。

ちょっといいスーツは逆に生地に空気が入ります。
(エアウールと言う名前の糸があるくらいです)
生地と生地の間にも馬毛を使うことで立体感、通気性を高めます。

スーツを着る回数が少ないからこそ
そんな時こそ、ちょっといいスーツを。

リングヂャケット
紺無地のお買い得なスーツがあります。
先週入荷してからすでに3着売れました。

しっかりした生地で、少し硬めです。
着ていくほどに馴染んで、体に沿いそうです。

ちょっといいスーツを買おうかなと検討している方は
いつでもご相談下さいませ。

スーツにシャツにネクタイ、ベルト、そして靴まで
コーディネートでアドバイスできます。


この記事へのトラックバックURL