2010年05月27日

レザーのような

ジャーマンレザー

名前だけみるとドイツのレザー。
でもレザーではなくてコットンなんです。

昔、ドイツに実際に存在していました。
レザーは丈夫な代わりに、値段が高く、
一般人はなかなか手に入らなかったようです。

そこで、農夫や漁民がコットンでレザーのような
質感や丈夫さ。を求めて作らせた生地が
ジャーマンレザーです。

最初は硬く、まるでレザーのようです。
着ていって馴染ませると、
デニムのように、あたりが出てきます。
洗えば、生地が柔らかくなりますが
あたりはでにくいです。

新品より、3年ほど着こんだものの方が
かっこよく見えます。
レザーと同じようなことですよね。

ジャーマンレザーのアイテムは
(FRANK LEDER)
まだ先になりますが、8月ごろ入荷予定です。



この記事へのトラックバックURL